総量規制対象外のカードローン

カードローン

総量規制対象外のカードローン、それは銀行が発行しているカードローンです。

皆さんは「総量規制」という言葉をご存知でしょうか。
これは貸金業法という法律の中の一つで、業者はカードローン利用者の年収3分の1までしか融資してはいけないというルールなのです。

総量規制について

今やメジャーになってきているカードローンですが、個人向けローンとして国が決めたルールに従って運用されています。

消費者金融や信販会社など貸金業を営む企業に対して「貸金業法」という法律が課せられていて、企業はそのルールにのっとって営業しています。

この貸金業法は平成18年に改正され、その時に総量規制というルールがプラスされました。多重債務者を減らす為です。

このルールが適用されてからは、貸金業者も利用者に対して無理な融資ができなくなり、利用者の負担も軽減されたことで、統計上では多重債務で苦しむ人は減少傾向にあります。

消費者が健全にお金を借りたり返したりが出来るようになってきたと言う事でしょう。

3分の1以上借りたい…


中には「年収3分の1しか借りれないのは困る」と言う人もおられるはず。
そういった事情の人は、銀行カードローンの利用をお勧めします。

銀行は銀行法に基づいて営業しているので、貸金業法は該当しません。
もちろん「総量規制」の対象でもありません。なので利用者(申込者)の年収3分の1以上の貸付も可能になります。

ただし、銀行カードローンは消費者金融や信販会社よりも審査ハードルが高めに設定されいて「返済能力の有無」をきっちりと判断していきます。

銀行カードローンを利用するためには、その点をしっかりと申告するようにしましょう。

銀行カードローンは消費者金融よりも低金利で限度額も高めに設定されていますので使いやすい商品でもあります。
長期利用や高額融資を希望する方は検討してください。

カードローン
派遣社員でも借りれるカードローン

最近は働き方のバリエーションが増えてきて、いろんなスタイルで仕事をしている人がいます。 だからこそ、 …

カードローン
スマホがあれば、今すぐ申し込み可能!

すでに定着しつつあるスマートフォン。 肌身離さず持っていることで、通信はもちろんのこと情報収集や買い …